新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

クライアントがフリーランスに求める要素ベスト3

フリーランスとして独立する人が増加している昨今は、「クライアントから信頼される存在になれないと生き残れない」といっても過言ではありません。クライアントからの信頼を得て成功しているフリーランスには、ある3つの要素が備わっているといわれています。

ここではクライアントがフリーランスに求める要素ベスト3をご紹介します。「これからフリーランスとして受注数を増やしたい」「クライアントが求めている要素が知りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「求められるフリーランス」とは? 収益にも直結する

ランサーズ株式会社が実施した『フリーランス実態調査』(※)では、フリーランスの人口について触れられています。2020年のフリーランス人口は1062万人であったのに対し、2021年は1,670万人にものぼると発表されました。これは本業・副業等を含めての広義のフリーランスですが、日本の労働人口の24%を占めています。

(参考:https://speakerdeck.com/lancers_pr/huriransushi-tai-diao-cha-2021

このようにフリーランスの数は年々増加傾向にあり、クライアントからすれば「フリーランスを選び放題」な状態です。フリーランスがクライアントの希望を満たす要素を持ち合わせていない場合、仕事を打ち切られるか、低い報酬で使われるかのどちらかになってしまうケースが多いでしょう。

数多くのライバルがいる中で仕事を獲得し続けるには、クライアントがフリーランスに求める「要素」を知っておくことが大きなポイントです。クライアントはフリーランスに対しさまざまな要素を求めています。その要素は業種によってもさまざまですが、中には全業種共通で必要となる要素もあります。

実際に、クライアントが求める要素とは何なのでしょうか? 先の項では、継続的な受注を得るために必要な「要素」をご紹介します。

フリーランスに求められる要素ベスト3

フリーランスに求められる要素①:コミュニケーションスキル

フリーランスが求められる要素として大きいのが、コミュニケーションスキルです。具体的には「返信・レスポンスの速さ」「ビジネスマナーが備わっている」「指示内容への理解力、質問の仕方」などの要素が挙げられます。

クライアント側からすると、こうした要素が備わっているフリーランスは仕事を依頼しやすく、お互いに信頼関係を結びやすいと感じます。

一方レスポンスが遅く、ビジネスマナーも理解力にも乏しいフリーランスは「コミュニケーションで重要な要素を満たしておらず、信用できない」と思われがちです。他にもフリーランスが多数いると考えた場合、わざわざコミュニケーションに難のあるフリーランスには継続して仕事を依頼したいとは考えないでしょう。

「コミュニケーションしやすい」という印象を持ってもらうためには、メールやチャット、電話などの連絡があった場合はできる限り速やかに返信をすること、マナーを持って接することなどを徹底しましょう。また、質問がある場合はまず自分で考えたり調べたりしてみて、それでもわからない場合は相手が答えやすい質問の仕方を心掛けることも大切です。

フリーランスに求められる要素②:納品物のクオリティ

クライアントが求める要素の2つめは「納品物のクオリティ」です。仕事を依頼する際には報酬が発生するため、当然求められる要素ともいえます。仮にその報酬に見合ったクオリティがないと判断されれば、おそらく今後の継続依頼は来なくなるでしょう。

納品物のクオリティ不足には「スキル不足」「コミュニケーション不足」といった要素が絡んでいる場合がほとんどです。未経験や独学でフリーランスを始めた場合にはスキルの要素が不足しており、低い評価をつけられてしまうことがあります。しかしこれは経験やスキルを身につけることで解決する要素ですので、安心してください。

一方、コミュニケーションの齟齬・不足によるクオリティの低下は「指示内容を曖昧なまま解釈して進めてしまった」「案件の目的の食い違い」などが原因で起こります。この場合は指示内容の疑問点について質問する、目的・ねらいを明確にしてから仕事を進める……といった対策を徹底しましょう。

フリーランスに求められる要素③:新たな価値を生み出せるか

フリーランスに求められる要素の3つめは、「新たな価値を生み出せるか」です。

人は「期待以上の価値があること」に満足感やうれしさを感じるものです。クライアントの期待を上回る価値を持った納品物、およびそれを生み出してくれる要素を持ったフリーランスは、常に求められる存在となれるでしょう。

「新たな価値を生み出せるか」という要素を満たすには、指示を守ったうえで“プラスアルファ”の価値を生み出せるかを考える必要があります。こうした要素のあるフリーランスはどこへ行っても活躍できますし、クライアントから求められる存在になれるでしょう。

クライアントが欲する要素を満たし、求められるフリーランスになろう

クライアントから求められるフリーランスになるには、コミュニケーションスキル、納品物のクオリティ、新たな価値を生み出せるかといった要素が重要です。これらの要素を満たすフリーランスなら、クライアントとも長く有効な関係を築けるでしょう。

また、新たなクライアントと取引をする場合は、特に「いつでも連絡が取れる」「信頼できる相手」という要素が重要になります。

「クライアントに求められるフリーランスになりたい」という方は、ぜひバーチャルオフィスを上手くご活用ください。

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

東京都には数え切れないほどのバーチャルオフィスがありますが、群を抜いて高コスパなのは「レゾナンス」でしょう。
現在4店舗で、利用可能住所は

  • 東京都港区浜松町
  • 東京都中央区銀座
  • 東京都渋谷区神宮前
  • 東京都新宿区西新宿

と、都内一等地の誇れる住所です。これが月額1650円で月4回の郵便転送も無料で付いてます。

レゾナンスにお申し込みの際に、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0044

※紹介コードは年間契約の場合のみ適用

★紹介コード入力欄 お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力

※「aym-0044」を記入漏れすると特別割引適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。