新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

フリーランスに欠かせない「信頼性」を高める4つの方法とは?

フリーランスは企業に所属していない分、営業活動や宣伝などをすべて自分でこなす必要があります。その際に重要なポイントとなるのが「信頼性」です。とはいえ、フリーランスとしての信頼性を高めるにはどうすればよいのでしょうか。

ここでは、フリーランスの信頼性が重要な理由や、自身の信頼性を高める方法についてご紹介します。

フリーランスが成功するためには「信頼性」が重要?

フリーランスは自分からクライアントへアピールして仕事を獲得したり、集客したりして仕事を得る必要があります。しかしお客さまやクライアントから見たとき、経歴や実績・能力が分からず信頼性の低い人から商品を買ったり、仕事を任せたりするのにはリスクがありますよね。

つまりフリーランスとして成功するためには、経歴や実績、能力などをアピールして「信頼性」を上げる必要があるのです。

フリーランスが信頼性を高めるには? 4つの方法

信頼性とは、「依頼に対し十分な価値を提供できる意志・能力があること」とも言い替えられます。

もともと大企業に勤めていて業績を上げた経歴のある方や、フリーランスとしてある程度の地位・実績を築いた方は「信頼性」が高いフリーランスだといえます。このようなフリーランスは、比較的すんなりと仕事を受注できるでしょう。

しかし駆け出しのフリーランスの場合はどうでしょうか。おそらく「素性が分からないけれど、信頼していいのか?」とさまざまな角度からチェックを受けることになるはずです。

つまりこれからフリーランスとして独立する方は、「信頼性の獲得」が大きな課題になるのです。そしてその信頼性は、次の4つの方法で獲得しやすくなります。

経歴・実績をアピールする

フリーランスが信頼を獲得するうえで欠かせないのが「経歴・実績のアピール」です。

特に実績は重要で、これまでの経験や手掛けたプロジェクト、それによって得られた成果・業績などは信頼に直結します。営業や宣伝活動をおこなうときには、積極的に伝えるようにしましょう。

また、専門性に特化した資格・実績がある場合も積極的にアピールすることをおすすめします。こうした要素は大きな強みとなり、フリーランスとしての信頼にもつながりやすいのです。

他者からの評価を活用する

フリーランスの場合、「知人や利用者からの紹介」で仕事を獲得するケースも多いです。クライアントやお客様の中には、「他者からの評価・口コミは客観的な評価として参考になるし、信頼できるかの判断材料になる」という人も多く見られます。

自身でWEBサイトを持っている場合は、過去のクライアントや顧客からの声を掲載するのも信頼性を高めるのに有効です。

加えて、普段から「人に紹介したくなるような仕事を提供すること」を心掛けるのも大切です。フリーランスの場合仕事のクオリティはもちろん、納期や期日に間に合わせられるか、丁寧に対応できるかが信頼性を高めることにつながります。日ごろから信頼が生まれる仕事ぶりを意識するようにしましょう。

WEBサイトやSNSでコネクションを増やす

フリーランスが増え続ける今の時代、ライバルたちと差をつけて成功するためには「プロモーション活動」が重要です。現代のフリーランスが仕事を獲得するには、ネットでの販促・宣伝活動が大きなキーポイントとなります。これからフリーランスとして活動を始める場合は、WEBサイトを開設して基本情報や提供商品・サービスなどをまとめて閲覧できるようにしておきましょう。

また、効果的に集客をするためにはSNSを活用してファンを増やすのも良い方法です。ファンを増やせば売り上げは確実に伸びていきますし、フリーランスとしての信頼性をアップさせることができます。「信頼できる人」というイメージがつけば、SNSを通じて新たな仕事が舞い込んでくる可能性もあります。

名刺を渡す

そのほかには、相手に名刺を渡すのも効果的です。名刺は自身の連絡先や情報などが詰まった「自己紹介ツール」であり、相手に信頼感を与えられるのが利点です。さらに形に残るものなので、時間が経っても宣伝効果を発揮してくれます。特に知り合いが少ない駆け出しフリーランスの時期は、積極的に名刺を渡し、信頼を獲得することに努めましょう。

フリーランスの信頼性を高める「バーチャルオフィス」とは

第三者がフリーランスに対し「信頼に足りうる人物か」を判断する場合、「事業拠点の住所」も重要なポイントです。フリーランスの拠点となる住所はWEBサイトや名刺、チラシなどに記載するため、第三者の目に触れる機会も多いもの。その住所が怪しい住所であれば不信感を抱かれてしまうでしょう。しかし都内などの一等地住所であれば印象が良く、信頼性もアップします。

とはいえ、フリーランスの全てが都内にオフィスを構えているわけではありません。仮に都心に住んでいたとしても、自宅住所を晒すという行為には抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

このような場合には、バーチャルオフィスを借りるという手があります。

バーチャルオフィスとはビジネス用の住所を借りられるサービスです。バーチャルオフィスには信頼性の高い一等地住所が借りられるところもあり、事業用住所としてWEBサイトや名刺、チラシなどにも活用できます。

自宅住所の代わりに一等地の住所が使えて、かつフリーランスとしての信頼性を高められるのは大きなメリットです。

バーチャルオフィスは月々数千円で利用できるので、信頼性を高める1つの手段として活用してみるとよいでしょう。

レゾナンスなら都内一等地の住所が借りられる! 信頼性もアップ

レゾナンスでは、浜松町・渋谷・銀座・新宿といった都内一等地の住所が借りられるバーチャルオフィスを提供しております。都内一等地の住所を使うことでクライアントや顧客からの印象が良くなり、信頼を得やすくなるのは大きなメリットです。

さらに、基本プランは月々1,650円(税込)からとリーズナブルな料金で提供しているため、「住所だけ借りてスモールスタートしたい」というフリーランスの方にもおすすめです。

フリーランスとしてバーチャルオフィスの利用をお考えの方は、低コストで都内一等地の住所・電話番号が借りられる「レゾナンス」をぜひご検討ください。

THE BEST V.O

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

東京都には数え切れないほどのバーチャルオフィスがありますが、群を抜いて高コスパなのは「レゾナンス」でしょう。
現在4店舗で、利用可能住所は

  • 東京都港区浜松町
  • 東京都中央区銀座
  • 東京都渋谷区神宮前
  • 東京都新宿区西新宿

と、都内一等地の誇れる住所です。これが月額1650円で月4回の郵便転送も無料で付いてます。

申し込みフォームの[備考欄]に「スズキマイの紹介」と記入して申し込むと入会金半額!
(5500円→2,750円)

※クーポン有効期限:2021年12月27日まで
※「スズキマイの紹介」を記入漏れすると半額適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。