新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

フリーランスの動画クリエイターになりたい! 独立までのステップ

近年ではYouTubeなどの動画投稿サイトへ動画を投稿し、収益を得ている人が増加しています。また動画コンテンツを活用した企業活動なども盛んに行われています。

このような流れを受け、趣味や副業としてはもちろん、フリーランスの動画クリエイターとして動画制作を始める方も増えてきました。実際にフリーランスの動画クリエイターになるにはどうすればいいのか、必要なスキルや独立までのステップを見てみましょう。

フリーランスの動画クリエイターになるには?

フリーランスとは、企業に雇用されない働き方のことを指します。よってフリーランスの動画クリエイターは、業務委託などを活用して案件を獲得し、動画の編集・制作を行うこととなります。

フリーランスの動画クリエイターは動画素材を編集ソフトへ取り込み、映像の切り出しや並べ替え、テロップの作成や音入れなどをして動画作品を完成させるのが主な仕事です。

フリーランスの動画クリエイターになるステップとしては、以下のような方法で「スキルを身につけて独立する」というのが一般的です。

  • 動画制作会社で働いて技術を習得し、フリーランスとして独立する
  • スクールなどでスキルを獲得し、フリーランスになる
  • 独学で動画制作を学び、フリーランスとして働く

動画クリエイターの平均年収は400万円ともいわれています。単価相場としては動画編集が1本あたり1~20万円、撮影が5~30万円程度が目安です。企画やディレクションができる人はさらに収入アップを目指せます。

なお、動画クリエイターがフリーランスになるには特別な手続きが不要です。動画クリエイターの中には本業で会社員をしつつ、副業としてフリーランスで動画クリエイターをしていらっしゃる方も多数います。

ただ、本業にせよ副業にせよ、1年間の収入が38万円(会社員の副業であれば20万円)を超える場合は確定申告が必要になります。フリーランスになる場合は、こういった点にも注意しましょう。

フリーランスの動画クリエイターに必要なスキル・環境

先ほど、フリーランス動画クリエイターとして独立するにはスキルが必要、と申し上げました。具体的にはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

動画編集ソフトの操作スキル

フリーランスの動画クリエイターになるには、動画制作・画像編集ソフトや機材の操作スキルが必須です。

  • Premiere Pro……動画編集の代表的ソフト
  • After Effects……動画に特殊効果やアニメーションを加える動画編集ソフト
  • Photoshop / Illustorator……どちらも画像や画面のデザインに欠かせないソフト
  • 撮影用の機材やマイク、照明など(およびその操作スキル)

撮影スキル、音響スキル

フリーランスの動画クリエイターになるには、自分の思い通り綺麗な映像を撮影できる「撮影スキル」、音の調整・編集をする「音響スキル」も必要になります。それぞれ身につけることで、よりクオリティの高い動画を生み出すことができ、フリーランスとしても活躍できます。

スケジュール管理能力、コミュニケーション能力

フリーランスの動画クリエイターには、納期を守るスケジュール管理能力、コミュニケーション能力も重要です。フリーランスの動画クリエイターは自由な働き方ができる分、自らを律し作業を進められる力が不可欠です。また、営業や交渉事なども全て自分で行う必要がありますし、コミュニケーションが円滑に取れる人材ほどクライアントに重宝されます。

フリーランス動画クリエイターとして独立&仕事を獲得するには?

フリーランスの動画クリエイターとして独立する際、多くの方が個人事業主として開業をしています。開業については税務署へ開業届を出すだけですので、誰でもフリーランスになること自体は可能です。

ただし、その先が重要です。独立しフリーランスとして生計を立てるためには仕事を獲得しなければなりません。動画クリエイターが仕事を獲得するには、主に3つの方法が考えられます。

クラウドソーシングを利用する

動画コンテンツが人気の昨今、フリーランス向けのクラウドソーシングサイトでは動画クリエイターの募集案件も多々あります。実際に「動画編集」で検索すると、数多くの案件がヒットします。スキルこそ必須ですが、中には未経験のフリーランスでも応募できる案件や、経験者向けの高単価案件もあります。初めのうちはクラウドソーシングを上手く活用しつつ、実績を作りましょう。

知り合い等へ営業話を持ちかける

2つめの方法が、知り合いや動画制作会社へ営業をかけるという方法です。直接話を持ち掛けるためややハードルは高いですが、人手不足で動画クリエイターを探している人・会社というのは案外多いものです。営業先によっては高単価の報酬をくれる場合もあるため、粘り強く探してみるのもいいかもしれません。

SNS・ブログで宣伝し、集客する

3つめはSNSやブログでアピールをして案件を獲得する方法です。案件を獲得できるかは動画クリエイターとしての知名度だけでなく、プロフィール文の内容や日々の投稿内容にも左右されます。SNSでは多くの発注者が動画クリエイターを募集しているので、そういった案件に自分から応募してみるのも良い方法です。

フリーランスなら自宅でも動画クリエイターになれる! 注意点は?

フリーランス動画クリエイターは時間や場所に縛られない働き方ができるため、自宅を使ってフルリモートで働くことも可能です。ただし、自宅を職場にする場合は自宅がそのまま「事業用住所」になってしまう点に要注意。

動画クリエイターの場合、自身のWebサイトでサンプル作品を公開し、仕事獲得につなげるケースも多いでしょう。Webサイトの連絡先ページには信用を得るために事業住所を載せる場合が多いのですが、在宅動画クリエイターだと自宅住所を載せることになってしまいます。

自宅で動画クリエイターになるなら、レゾナンスのバーチャルオフィスがおすすめ

フリーランスの在宅動画クリエイターがWebサイトに住所を載せたい場合は、バーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。レゾナンスでは、ご自宅の住所代わりに使えるバーチャルオフィス(貸し住所)を提供しております。都心一等地の住所4種類が月々1,650円(税込)の低価格でご利用いただけるため、多くのフリーランスの方、動画クリエイターの方にもご好評です。

なおバーチャルオフィスの住所はWebサイトや名刺への記載のほか、法人登記にもご利用いただけます。プライバシーを守りながら動画クリエイターとして活動したい方は、ぜひレゾナンスへご相談ください。

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

東京都には数え切れないほどのバーチャルオフィスがありますが、群を抜いて高コスパなのは「レゾナンス」でしょう。
現在4店舗で、利用可能住所は

  • 東京都港区浜松町
  • 東京都中央区銀座
  • 東京都渋谷区神宮前
  • 東京都新宿区西新宿

と、都内一等地の誇れる住所です。これが月額1650円で月4回の郵便転送も無料で付いてます。

レゾナンスにお申し込みの際に、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0044

※紹介コードは年間契約の場合のみ適用

★紹介コード入力欄 お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力

※「aym-0044」を記入漏れすると特別割引適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。