新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

外国語スキルが活かせる! 翻訳の副業のメリット&注意点

さまざまな副業がある中、「翻訳」の副業は外国語スキルが活かせるとして人気があります。そこで今回は、翻訳の副業を行うメリットや注意点、仕事を探す際のポイントについて解説します。「外国語のスキルを活かして副収入を得たい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

翻訳の副業にはどのような仕事がある? 始めるメリットは?

翻訳の副業には、英語などの外国語を日本語へ訳す「和訳」と、日本語を外国語へ訳す「外国語訳」の2種類があります。いずれかを担当するのか、双方向で翻訳をするのかは案件次第です。

翻訳の仕事の種類

ひとくちに翻訳の仕事といえど、その内容はさまざまです。

  • 実務翻訳……ビジネスに関連する文書(マニュアル、特許、医薬・IT関連など)が対象
  • 出版翻訳……海外出版の書籍・雑誌が対象
  • 映像翻訳……映像作品の外国語音声を日本語の吹き替え・字幕へ翻訳する
  • Webサイト翻訳……海外のWebサイトやアプリが対象

翻訳の副業をするメリットは?

翻訳の副業をするメリットは次のとおりです。

  • 経験と実力があれば稼ぐことができる
  • スキルを活かしやりがいを持って働ける
  • 自宅など好きな場所で副業ができる

たとえば日本翻訳連盟による「翻訳料金の目安」を参考にすると、1000文字あたりの英和翻訳(英語→日本語)の場合は26,000円~35,000円ほど。和英翻訳(日本語→英語)の場合は20,000円~30,000円ほどが相場となっています。(参考:https://www.jtf.jp/tips/price

専門性の高い翻訳の仕事(医療や特許、学術など)であれば、より高単価で受注することも不可能ではありません。

また、外国語スキルを活かして働けるのも良い点です。「スキルはあるのに外国語を使う機会が少ない」という方も、副業に活かすことで人の役に立てますし、やりがいにもつながります。さらには場所を選ばずにできる副業のため、自宅やカフェなど好きな場所で働けるのもメリットだといえるでしょう。

翻訳の副業を始める際の注意点とは?

翻訳の副業を始めるにあたって、何か気を付けるべきことはあるでしょうか。

仕事を受注する場所によって報酬が大きく変わる

副業として翻訳の仕事探しをする場合、仕事を請ける場所・案件によっても収入が大きく変わります。

例えばクラウドソーシングで副業の仕事を探す場合、同じような内容の案件であってもクライアントによって単価・報酬が大きく異なる場合があります。

また、クラウドソーシングサービスによっても募集案件の単価は変わってくるのです。低単価の案件は未経験者でもトライしやすいメリットがあるものの、単価としてはかなり低くなるケースが多いため注意しましょう。

未経験やTOEICの資格がないと不利になる場合も

どの業界でも同じことが言えますが、翻訳の副業も経験者や資格を持っている人が優遇されがちです。英語を使った翻訳であれば、TOEIC800点以上であれば高評価、それ未満であればやや不利になると考えてよいでしょう。

未経験の場合や資格を持っていない場合はどうしても不利になりやすく、最初のうちは高単価案件を受注するのが難しいかもしれません。しかし、実績を積み、高い評価がもらえれば仕事の受注数を増やすことも可能です。

ワード単価と文字単価、原稿単価の違いに注意

翻訳の副業には3種類の単価があります。それぞれの違いは次のとおりです・

  • ワード単価……英語→日本語に翻訳する場合の単価
  • 文字単価……日本語→英語に翻訳する場合単価
  • 原稿単価……原稿用紙1枚あたりの単価

3つめの原稿単価は、「出来高制」とも呼ばれます。前もって正確な報酬が分かりにくいため、近年の募集案件ではワード単価・文字単価の2種類が用いられることが多いです。

副業として募集案件に応募する場合は、単価方式についてもしっかりチェックしておきましょう。

翻訳の仕事探しのポイント! 知っておきたいコツ

副業として翻訳の仕事探しをする場合には、知っておきたいポイントがいくつかあります。

未経験の場合はクラウドソーシングでの副業がおすすめ

「外国語スキルはあるものの翻訳は未経験」という方は、クラウドソーシングを利用して実績を積むのがおすすめです。クラウドソーシングの初心者OKな案件は、1件あたりの単価こそ高くありません。しかし英訳や和訳の実績が積めること、副業の作業ペースが掴めることなど、チャレンジするメリットもあります。

実績と経験を積んだら、経験者のみの案件に応募したり、後述する求人サイトを活用した仕事探しに挑戦したりすると良いでしょう。

経験者は高単価案件の多い求人サイトがおすすめ

求人サイトで検索をすると、翻訳の求人案件が多数ヒットします。求人サイトの条件は「経験者のみ」というケースが多いのですが、その分高単価案件が集まりやすい傾向にあります。また、業務委託のほかにもアルバイトや派遣社員の求人もあり、自分の望む働き方が選びやすいこともメリットです。

副業として高収入を望む場合は、求人サイトを利用してみてもいいかもしれません。

副業でより稼ぎたいなら英訳(日本語→英語)案件を

一般的に和訳(英語→日本語)に比べ、英訳(日本語→英語)のほうが高単価になりやすい傾向にあります。「副業としてたくさんのお金を稼ぎたい!」という方は、英訳の案件を中心に探してみるとよいでしょう。

翻訳の副業で収入アップ! 在宅で働く注意点は?

翻訳の仕事を副業にすると、時間や場所に縛られず副業収入を得られるのが最大のメリットです。自身のスキルを活かして働けるため、副業ながらも大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。

ただし自宅で副業をする場合は「住所バレ」に要注意。自宅が仕事場になる場合、Webサイト等で自宅住所を公開することになってしまいます。自宅住所が第三者の目に触れてしまうと、いたずらや嫌がらせ、大量のDM送付などのリスクがあるのです。

そこでおすすめなのが「バーチャルオフィス」です。

レゾナンスでは、自宅住所の代わりに使えるバーチャルオフィスを提供しております。都内一等地の住所(浜松町・銀座・渋谷・新宿)が月額1,650円(税込)の格安で借りられ、住所はWebサイト等への記載が可能です。

自宅住所を公開せずお仕事ができるので、安全に副業を続けたい方には特におすすめだといえます。

翻訳の副業をお考えの方は、ぜひレゾナンスのバーチャルオフィスをご検討ください。

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

格安バーチャルオフィスのレゾナンス。格安の月額880円からご利用でき、郵便物・電話応対内容が即座にご確認可能なシステム、電話秘書代行サービスも人気。法人登記も可能、シェアオフィスや貸し会議室も 完備しているバーチャルオフィス!

レゾナンスにお申し込みの際に、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0044

※紹介コードは年間契約の場合のみ適用

★紹介コード入力欄 お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力

※「aym-0044」を記入漏れすると特別割引適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。