新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

Youtubeで副業は可能? 収益化するために必要なこと

動画視聴が当たり前になった今、YouTubeなどの動画サイトで人気投稿者となり、収入を得ている方も増えています。中には本業YouTuberとして活躍する人もいますが、会社員の「副業」には適しているのでしょうか。

ここではYouTube動画投稿での収益化の仕組みや副業にするメリット&注意点、必要な機材などをご紹介します。副業として動画投稿をしたいと考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

YouTubeで副業収入を得る仕組みは?

世界各国から多種多様な動画が投稿されているYouTube。そんなYouTubeは、副業の場としても注目を浴びています。副業としてYouTubeで収益を得るには、「動画に挿入される広告視聴で収入を得る」「ライブ配信でスーパーチャットをもらう」「メンバーシップを作成し、加入してもらう」などの手法が一般的です。

なお、広告で収益化をするには「YouTubeパートナープログラム(YPP)」へ申し込み、承認される必要があります。

YPPで承認を受ける条件としては、Google AdSenseアカウントを持っていること、登録者数1000人以上&直近一年間の総再生時間が4000時間を超えていること、などが条件です。

(「チャンネルの収益化|YouTube Studio」より:https://studio.youtube.com/channel/UC/monetization

広告の種類は大きく分けて5つあります。

  • インストリーム広告……動画内で冒頭や途中、最後に流れる広告
  • ディスカバリー広告……関連動画ページや検索ページで表示されるサムネイル型の広告
  • バンパー広告……動画内で流れる6秒程度の短い広告
  • アウトストリーム広告……スマホやタブレットのYouTubeアプリで表示される広告
  • オーバーレイ広告……動画下部に表示されるバナー形式の広告

副業収入を得るためには、これら広告の種類をうまく使い分けることが大切です。

YouTubeに動画投稿をするメリット

副業としてYouTubeに動画投稿をするメリットには、次の3点が挙げられます。

軌道に乗りさえすれば毎月副業収入が得られる

YouTubeへの動画投稿が「ストック型ビジネス」として注目されている理由には“軌道に乗れば自分が何もしなくても収益が発生する”という点があります。

YouTube収益の大部分を占める広告収益は、ユーザーが広告を一定時間視聴すれば発生します。ファンを増やし再生回数を増やすことで、毎月数万円、数十万円といった副業収入を得ることも可能です。

本業が忙しい方でも収益を得られるのは、とても魅力的なメリットだといえるでしょう。

動画編集・制作のスキルが身につく

副業でYouTubeへ動画投稿をする副次的なメリットに、動画編集・制作・撮影などのスキルが身につくことも挙げられます。身につけたスキルを活かし、クラウドソーシング等で動画編集等の仕事を請けられるようになれば、万が一YouTubeを辞めても副業収入が得られます。動画編集スキルは副業だけでなく、場合によっては本業にも活かせるでしょう。

ブログやSNSなど他のツールと連携しやすい

YouTubeが副業におすすめされる理由のひとつに、「ブログ・SNSなどのツールと連動しやすい」という特徴もあります。ブログ・SNSで動画の宣伝をするなどして視聴者数を増やせば、広告収入アップが期待できます。反対に動画からSNSへの誘導も可能です。副業の収入源を複数持っておくことで、毎月の収入アップにつながるでしょう。

副業でYouTubeを始める際の注意点

副業としてYouTube動画投稿を始める際には、注意したい点もあります。

副業収益が発生するのに手間と時間が必要

先述のとおり、動画投稿で収益を得るには「チャンネル登録者1000人以上、1年間の総再生時間4000時間以上」が分岐点となります。この分岐点に達するまでには平均半年~1年程度かかるため、副業としての即効性はありません。

また、動画編集には時間も手間もかかります。軌道に乗れば何もしなくても収益が発生する反面、こうしたデメリットがあるということを覚えておきましょう。

副業の課税所得が20万円を超えると確定申告が必要

会社員が副業で動画投稿をする際、課税所得(副業の総所得-かかった経費の金額)が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。申告を忘れた場合は追徴課税される場合もあるため、注意しましょう。

YouTubeの副業に必要な機材は?

副業としてYouTubeを始める際には、次の機材が最低限必要です。ジャンルによっても必要な機材は変わってくるので、ここでは一般的な機材をご紹介します。

  • 撮影用カメラ
  • マイク
  • PC
  • 動画編集ソフト
  • テロップ、スライドの作成ソフト

<副業でゲーム配信をする場合>

  • キャプチャーボード(ゲーム録画、ライブ配信などに必要)
  • ライブ配信ソフト(OBSなど)

最近ではiPhoneなどのスマホカメラでも十分美しい映像が撮れるようになっています。副業にお金をかけたくない方はスマホカメラでも良いですが、よりこだわりたい方はビデオカメラを購入するとよいでしょう。さらに、マイクがあると音声が聞き取りやすくなるので、後付けできるものを購入しておくのがおすすめです。

音声にこだわりがない場合は数千円のマイク付きヘッドフォン・イヤフォンでもOKです。

また、動画投稿には編集ソフトが必要です。編集ソフトには「AviUtl」や「DaVinciResolve」「PowerDirector」などの無料ソフトのほか、「Adobe Premiere Pro」など有料のソフトもあります。副業ではリスクを減らすために、初めのうちは無料ソフトを使用し、YouTube動画投稿が軌道に乗ってきたら有料に切り替えるのをおすすめします。

そのほか、ゲーム実況をする場合はゲーム画面を収録するためのキャプチャーボードが、ライブ配信をする場合はさらにライブ配信ソフトの導入が必須です。

YouTubeの副業でストック型ビジネスにチャレンジしてみよう

副業としてYouTube動画チャンネルを運営する場合、「登録者数1000人以上、総再生数4000時間以上」が広告収入発生の分岐点となります。また、ファンを増やせばさらに収益を増やすことも可能です。質の高い動画を投稿し続ければ、YouTubeを見た人から仕事の依頼が来る……というケースも期待できるでしょう。

人気Youtuberになると、「YouTubeのチャンネル宛に仕事の依頼と合わせてサンプル品を送りたい」などの提案をされるケースがあります。しかし、見ず知らずの相手に自宅住所を伝えるのは抵抗があるものです。

そのようなときにおすすめなのが、バーチャルオフィスの利用です。レゾナンスのバーチャルオフィスは、YouTubeのチャンネル名を「屋号」として登録し、チャンネル名で郵便物を受け取ることができます。自宅住所を知らせずとも郵便物のやりとりができるので、プライバシーが気になる方にもぴったりです。

YouTubeの副業をお考えの方や、今現在YouTubeでご活躍されている方は、ぜひレゾナンスのバーチャルオフィスをご活用ください。

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

東京都には数え切れないほどのバーチャルオフィスがありますが、群を抜いて高コスパなのは「レゾナンス」でしょう。
現在4店舗で、利用可能住所は

  • 東京都港区浜松町
  • 東京都中央区銀座
  • 東京都渋谷区神宮前
  • 東京都新宿区西新宿

と、都内一等地の誇れる住所です。これが月額1650円で月4回の郵便転送も無料で付いてます。

レゾナンスにお申し込みの際に、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0044

※紹介コードは年間契約の場合のみ適用

★紹介コード入力欄 お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力

※「aym-0044」を記入漏れすると特別割引適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。