新型コロナウイルスの影響により、施設の休業、営業時間の変更、提供内容の変更が発生しております。日々状況が変化しておりますので、ご不明点がございましたら各施設・店舗へお問い合わせください。

フリーランスWebデザイナーになるには? 安定収入を得るポイント

企業勤めのWebデザイナーの中には、「フリーランスのWebデザイナーになりたい」という方も多く見られます。また最近は、未経験からWebデザイナーを目指す……という人も増えてきました。

そこで今回は、フリーランスWebデザイナーになる際に知っておきたいポイントをご紹介します。これからフリーランスWebデザイナーを目指す方はぜひ参考にしてみてくださいね。

フリーランスWebデザイナーになる方法は?

会社に所属せず、業務委託によって案件を獲得し収入を得るフリーランス。フリーランスWebデザイナーとして仕事を獲得するには、次のような方法があります。

  • 人脈やツテを利用して案件を受注する
  • クラウドソーシングを利用する
  • 企業へ直接営業をかける
  • SNSやWebサイトで宣伝活動をし、オファーを待つ
  • フリーランスWebデザイナー向けのエージェントを利用する  など

フリーランスWebデザイナーとして仕事をする際には、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの他、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb制作言語も習得しておく必要があります。

なおフリーランスWebデザイナーになる際には、税務署へ開業届を出して個人事業主になる方が多く見られます。開業時に青色申告の申請をすることで、さまざまな控除が受けられるからです。本業としてフリーランスWebデザイナーになりたい場合は、個人事業主として開業してしまうのも1つの方法でしょう。

フリーランスWebデザイナーになる際に知っておきたいポイント

フリーランスWebデザイナーになるには、事前準備がとても大切です。独立する前に、まずは次の3点を把握しておきましょう。

活躍するにはタスク管理・営業力・マーケティングの知識が重要

フリーランスWebデザイナーには3つのスキルが必須です。

タスク管理能力

フリーランスになると仕事のスケジュール管理はすべて自分で行う必要があります。複数の案件を抱えている場合は特に、納期に間に合うようスケジュールを調整したり、優先順位を決めたりといったタスク管理が重要になります。

営業力(企画・提案)

フリーランスWebデザイナーになると、自分自身で営業をかけ案件を得る必要があります。案件獲得のためには、受け身ではなく能動的に提案する力も求められるでしょう。さらには相手を納得させられる企画力、発想力も必須です。

マーケティングの知識

フリーランスWebデザイナーになると、デザインだけではなくマーケティング、ディレクションなど複数の役割を1人で行うことが多くなります。顧客のニーズやターゲットに応じたWebサイトを作るためには、マーケティングの知識が欠かせません。

独立はある程度の資金を溜めてから

フリーランスWebデザイナーとして独立したての頃は、固定顧客が付いておらず、案件を受注するのに苦労する場合も多いもの。受注がなければ当然収入もゼロになってしまいますが、住民税や生活費などの負担は変わらずのしかかります。

出費ばかりになると気も焦ってしまいますので、あらかじめ1年分程度の生活資金を貯金しておくことをおすすめします。

国民健康保険や国民年金の切り替えが必要

フリーランスWebデザイナーとして独立する際に会社勤めをしていた人は、社会保険の資格を失います。その後配偶者等の扶養に入る場合は扶養認定の手続きが、入らない場合は国民健康保険、および国民年金への切り替えが必要です。

安定収入を得るには? フリーランスWebデザイナー集客のコツ

フリーランスWebデザイナーとして独立し、安定収入を得るには「固定顧客」を掴む必要があります。そのためには、さまざまな手段で集客を行うことが大切です。

実績・人脈作りを積極的に行う

フリーランスWebデザイナーとしてスムーズに滑り出すためには、独立前から人脈を広げたり、実績を作っておいたりするのがおすすめです。

フリーランスWebデザイナーの中には、「勤めていた会社のツテ」「以前の仕事関係者を介した依頼」など、人脈によって案件を獲得している人が多数います。また、もともと実績やネームバリューがある人なら、独立した時点で大きな仕事を得ることも不可能ではありません。

フリーランスエージェントやクラウドソーシングを活用する

フリーランスWebデザイナーが案件を獲得するには、エージェントを利用する方法もあります。エージェントとは経歴やスキル、希望条件を登録するだけで自分に合った案件を紹介してくれるサービスです。自分の代わりにエージェントが営業をしてくれるため、営業や交渉が苦手な方にもおすすめです。

また人脈や実績がない人は、クラウドソーシングを利用して案件を受注し、実績を積む方法もあります。クラウドソーシングは報酬から手数料が差し引かれますが、初心者でも挑戦しやすい案件が多いのがメリットです。中には経験者向けのハイレベルな募集案件もあるので、上手く活用してみましょう。

Webサイトをポートフォリオ代わりに活用し、集客する

フリーランスWebデザイナーの中には、営業用にポートフォリオ代わりのWebサイトを作成される方も多く見られます。

Webデザイナーのサイトはポートフォリオ代わりとして、自らが手掛けてきたWebデザインの画像や作成見本、来歴や連絡先などをまとめられます。集客にも効果的なうえ、営業活動の際はWebサイトのURLを教えるだけでアピールができるため、大変便利です。

ただしWebサイトは、不特定多数の第三者が閲覧できる場という点に要注意です。在宅でフリーランスWebデザイナーとして活動している場合、連絡先のページに住所を掲載すると、自宅住所を公開してしまうことになってしまいます。

個人情報を守りたい場合は、バーチャルオフィスの利用をおすすめします。バーチャルオフィスとは、事業用の住所を借りられるサービスです。この住所は自宅住所の代わりにWebサイトや名刺などへ記載が可能なため、個人情報を守りながら安全に営業活動を行うことができます。

自由な働き方ができる! フリーランスWebデザイナーを目指そう

レゾナンスでは、フリーランスWebデザイナーの方にもおすすめの「バーチャルオフィス」を提供しております。

当社のバーチャルオフィスは月額1,650円からと低コスト、かつ港区・渋谷・銀座・新宿などの都内一等地住所が借りられることが大きな特徴です。

これまでにご利用いただいたフリーランスWebデザイナーの皆様からは、「低コストで都内一等地の住所が利用でき、クライアントからの印象も良くなった」とご好評です。今後フリーランスWebデザイナーとして独立をお考えの方は、ぜひレゾナンスのバーチャルオフィスをご活用ください。

【当サイト限定クーポンあり】レゾナンス

東京都には数え切れないほどのバーチャルオフィスがありますが、群を抜いて高コスパなのは「レゾナンス」でしょう。
現在4店舗で、利用可能住所は

  • 東京都港区浜松町
  • 東京都中央区銀座
  • 東京都渋谷区神宮前
  • 東京都新宿区西新宿

と、都内一等地の誇れる住所です。これが月額1650円で月4回の郵便転送も無料で付いてます。

レゾナンスにお申し込みの際に、年間契約時に1ヶ月分の料金が無料になる紹介コードをご案内します。

紹介コード:aym-0044

※紹介コードは年間契約の場合のみ適用

★紹介コード入力欄 お申し込みページ→下にスクロール→弊社をお知り合いになったきっかけ内「紹介」欄に上記コード入力

※「aym-0044」を記入漏れすると特別割引適用はされません。また、当方では責任を負いかねます。